TOP > しば内科クリニック > 詳細情報
 

<新型コロナウイルス感染症禍での元気を出す方法についての実践方法をお話いたします。>

毎日の診察風景で、いつも感じることと現在診察医として実戦できること。
新型コロナウイルス感染症前までは、通常にできていた事が現在は全くできないという患者様の声を聞きます。例えば、近所の方と気楽にお話ができない、いつも行っていた福祉会館に行けない、気楽にバス旅行に行っていたが最近は行かないなどです。
現在皆様の心の中には陰性感情が渦巻き、さぞストレスがたまっていることであろうと思われます。元気のなさそうな高齢の方には、いつも私は以下の言葉をかけて診察させていただいております。
大きく口をあけて、大きな声を出して、新喜劇でも見て、大きく笑うようにしましょう。そして電話でも良いからなるべく、毎日会話をしない人とおしゃべりをするようにしましようと。そして、朝起きたら、6時半にラジオ体操をやりましょうと声をかけております。
 明けない夜は、ないから。

△このページの上へ
 
Copyright OS Plaza All rights reserved